ホームニュース > 鳥取県立米子東高等学校で、教育支援部会による科学実験講座を開催

日本生物学オリンピック2024 エントリー

鳥取県立米子東高等学校で、教育支援部会による科学実験講座を開催

鳥取県立米子東高等学校で開催された令和5年度「科学を想像する人材育成事業」に
JBOから派遣された講師が「生き物を生きたまま観て、形態を識別しよう」と題した講座を開催しました。

「科学を創造する人財育成事業」は、米子東高等学校生徒、県内・近県高校の希望生徒を対象として、最先端の科学に関する講演、数学コンテストや物理・化学・生物に関する実験体験をとおして、科学に対する興味・関心を高めるとともに、科学を追究することの意義や楽しさを理解させることにより、より高い知的創造力を育成し、もって地域の知的基盤の強化を図ることを目的としています。

科学を創造する人財育成事業 – 鳥取県立米子東高等学校

全生徒を対象とした講演会に続き、午後は少人数分科会としてJBO教育支援部会の教員による実験体験がおこなわれました。

日程: 2023年10月14日(土)
場所: 鳥取県立米子東高等学校 生物実験室
担当: 石井 規雄、相馬 朱里

<内容> 生徒16名参加
 13:00~14:30  講義
   生物の分類の方法
   生物の系統関係とその変遷
   生物の形態を記録する方法(スケッチ)
   実習手順・材料の説明

 14:30~15:50  実習
   イノコヅチとヒナタイノコヅチの形態の比較
   植物の形態観察・スケッチ
   茎の切片作成・スケッチ

 15:50~16:20  片付け

 16:20~18;00  教員向け研修
   生物学オリンピックへ向けた指導の方法について

同プログラムは、米子東高等学校の生徒ならびに鳥取県内・近県高等学校の希望生徒を対象に、最先端の科学に関する講演、数学コンテストや物理・化学・生物・地学・家庭科・情報などに関する実験の体験をとおして科学に対する興味・関心を高め、科学を追究することの意義や楽しさの理解や、地域の知的基盤強化を目的に企画されたものです。


このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbojsf.or.jp
日本生物学オリンピック参加登録(科学オリンピック共通事務局のサイトにジャンプします)
Webエントリー
日本生物学オリンピック参加登録(科学オリンピック共通事務局のサイトにジャンプします)
Webエントリー