第20回国際生物学オリンピック(IBO2009)つくば大会

第20回国際生物学オリンピックで日本初の金メダル

7月12日からつくば市において56ヶ国・地域から221名の選手の参加を得て開催された第20回国際生物学オリンピックにおいて千葉県立・船橋高等学校3年の大月亮太さんが日本初の金メダルを受賞しました。そして日本の代表4名全員がメダル(金1、銀3)を獲得しました。

第20回国際生物学オリンピック 日本代表の成績

  • 金メダル 大月 亮太 さん 千葉県立船橋高等学校 (千葉県) 3年
  • 銀メダル 中山 敦仁 さん 灘高等学校 (兵庫県) 2年
  • 銀メダル 谷中 綾子 さん 桜蔭高等学校 (東京都) 2年
  • 銀メダル 山川 眞以 さん 桜蔭高等学校 (東京都) 3年

日本代表の写真

大臣を表敬訪問

大臣を表敬訪問の写真1大臣を表敬訪問の写真2

大臣を表敬訪問の写真3大臣を表敬訪問の写真4

写真:内閣府提供


浅島誠先生 記念講演の写真浅島誠先生 記念講演


日舞の写真

写真1 写真2

写真3 写真4

写真5毛利秀雄先生によるFirst Place授賞 (Singapore代表)


写真6

Dr. Poonpipope Kasemsapの写真Dr. Poonpipope Kasemsap (Chairman of IBO)


写真7井村裕夫先生よりIBOのトロフィーは韓国に 2010年7月11−18日(昌原)にて開催予定


写真8 写真9 写真10

写真11

Tsukuba Night

Tsukuba Nightの写真1Tsukuba Nightの写真2

Nikko

Nikkoの写真1 Nikkoの写真2 Nikkoの写真3

Picnic

Picnicの写真1Picnicの写真2

Jury Meeting

Jury Meetingの写真1 Jury Meetingの写真2

Exhibition of Biology Textbook

Exhibition of Biology Textbookの写真


会期中にIBO2009組織委員会から発行されたデイリーニュース

かわらばんの画像はこちらから


国際大会開幕 2009.7.13

開会式を待つ各国代表

開会式を待つ各国代表の写真

開会式壇上での交流

開会式壇上での交流の様子の写真

開会式場での日本代表

開会式場での日本代表の写真

レセプションでの各国代表

レセプションでの各国代表の写真1 レセプションでの各国代表の写真2

レセプションでの各国代表の写真3 レセプションでの各国代表の写真4

レセプションでの各国代表の写真5 レセプションでの各国代表の写真6 レセプションでの各国代表の写真7

国際生物学オリンピックつくば2009 日本代表団 結団式開催 2009.7.11

日本代表団・結団式の写真

日本代表団の結団式・交流会が行われました。来賓として、文科省科学技術・学術政策局基盤政策課 福島崇専門官、JST天野徹審議役より祝辞を頂いたほか、浅島誠先生、長谷川眞理子先生から、日本代表への激励のことばをいただきました。

JBO引率者

齋藤 淳一
奥田 宏志
佐藤 由紀夫
中島 春紫
長谷川 仁子
吉崎 誠
松田 良一

第20回国際生物学オリンピック 日本代表決定を発表

代表者決定記者発表会の写真

国際生物学オリンピック日本委員会 プレスリリース

PDFダウンロード(PDF形式:2,204KB)
PDF

平成20年12月6日
国際生物学オリンピック日本委員会
委員長 毛利 秀雄

第20回国際生物学オリンピック日本代表が決定

~日本で初めて開催される生物学の大会で、世界の舞台に挑む~

 国際生物学オリンピック日本委員会(委員長:毛利秀雄)は、第20回国際生物学オリンピック(2009年7月12日~19日の8日間、茨城県つくば市にて開催)の日本代表4名を決定しました。
 代表は、全国2,482名の応募者から三回にわたる選考試験を経て選ばれました。今後、大学教官や専門家も交えた国際生物学オリンピック日本委員会のプロジェクトチームによる強化トレーニングを受け、代表として日本初となる金メダルの獲得に挑みます。

第20回国際生物学オリンピック 日本代表(50音順)

氏名 性別 在学校(所在地) 学年
大月 亮太(おおつき りょうた) (男) 千葉県立船橋高等学校(千葉県) 2年
中山 敦仁(なかやま あつひと) (男) 灘高等学校(兵庫県) 1年
谷中 綾子(やなか あやこ) (女) 桜蔭高等学校(東京都) 1年
山川 眞以(やまかわ まい) (女) 桜蔭高等学校(東京都) 2年

 国際生物学オリンピックは、世界の高校生を対象にした生物学の国際的なコンテストです。生物学への関心を高め、参加者の才能を伸ばし、生物学的研究に対する興味を喚起するとともに、各国の生物学教育の情報交換や生物学を学ぶ若者の国際交流を目的として毎年開催されています。1990年の第1回大会(旧チェコスロバキア・オルモウツで開催)から数えて第20回となる2009年の大会は、日本で初めての開催となります。

参考資料

日本代表のコメント

大月亮太さん 写真

大月 亮太 さん
「小さな頃から虫や生き物が好きで、生物学に興味を持ちました。選ばれて正直びっくりしていますが、選ばれたからには、日本初の金メダル目指して一生懸命頑張りたいと思います。」


中山敦仁さん 写真

中山 敦仁 さん
「嬉しいです。思い切り勉強して、日本の底力を世界の人たちに見せたいと思っています。そして、世界の生物好きな高校生たちはどんなことを考えているのか語り合いたいです。」


谷中綾子さん 写真

谷中 綾子 さん
「実力を試してみたくて応募しました。自分が選ばれるなんて思ってもみませんでしたが、とても嬉しいです。さらに勉強を重ね、最善を尽くしたいと思います。」


山川眞以さん 写真

山川 眞以 さん
「学校の生物部で良き師に出会えたことが、今にいたる最大の要因でしょう。最終選考を通して、まだまだできることがたくさんあると感じました。頑張りたいと思います。」


秋篠宮殿下「第20回国際生物学オリンピック」名誉総裁ご就任

2009年に日本で開催される「第20回国際生物学オリンピック(IBO)」の名誉総裁に、秋篠宮殿下にご就任いただくこととなりました。この年は、進化論を唱えたダーウィンの生誕200年、「種の起源」 出版150年、さらに、メンデルの因子に対し遺伝子という言葉が提唱されてから100年という、生物学にとって記念すべき年でもあります。

IBO2009 プレイベント 講演会(上野・広島)

ダーウィン生誕200周年記念講演会『ダーウィンの見たこと、考えたこと』

講師:長谷川 眞理子 先生(総合研究大学院大学先導科学研究科教授、日本進化学会会長)
・3/20(金)13:00~ ・上野動物園ホール ~入場申込制~

第20回国際生物学オリンピック記念講演『絶滅危惧種アホウドリを救え!』

講師:長谷川 博 先生(東邦大学理学部教授、京都大学野生動物研究センター・兼任教授)
・3/28(土)13:00~ ・NHK広島放送センタービル ~入場申込制~

第20回 国際生物学オリンピック HP

第20回 国際生物学オリンピック HPバナー

国際生物学オリンピック委員会

国際生物学オリンピック委員会バナー

このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)