国際生物学オリンピックについて

国際生物学オリンピックの概要

IBOバナー画像

 国際生物学オリンピック(International Biology Olympiad: IBOと略す)は、高校生を対象としています。生物学の理論問題および実験問題への取り組みをテストします。生物学への興味、発明の才能、創造性、忍耐力が必要とされます。
 各加盟国は、国内コンテストで受賞した4人の学生と2人のチームリーダーを国の代表として参加させる事が出来ます。

目的

 IBOに生物学的才能のある学生を集め、彼らの才能を伸ばし、将来の科学者を育て、生物の才能の損失を防ぐことを目的としています。素晴らしい、重要な学問として、生物学に焦点を当てています。行動生物学、生態学など多くの生物学的トピックは、生物学の重要性を強調しています。特に自然保護または環境保全は、重要な課題です。
IBOは、様々な国における生物の授業、教育傾向を比較する機会を提供しています。
生物学教育を国家レベルで改善するうえで、有益な情報となります。多くの機関が、IBOに参加しています。文部省、企業、教師協会、大学、学校などです。機関間で連絡を取り合うことにより、生物分野での各組織の活動についての理解が深まります。

歴史

 1985年から1989年、チェコスロバキアとポーランド間で現在のIBOの基礎となる最初の国際生物コンテストが開催されました。
 自然科学および数学の国際オリンピックを実際に経験し、国際生物オリンピックの開催を決定しました。その結果、UNESCOが旧チェコスロバキアに初回の開催を要請しました。賛同した6カ国(ベルギー、ブルガリア、チェコスロバキア、旧ドイツ民主共和国、ポーランドおよび旧ソビエト連邦)が1989年(プラハとブルノ)にIBOを創設し、1990年7月にオロモウツで第一回IBAが開催され、問題もありましたが、大成功でした。IBOの継続が決定され、その後、参加国が急増しました(過去の開催国参照)。オリンピック初回開催後、プラハにコーディネートセンターが設立されました。毎年冬に、本センターで指名されたコーディネーターが会議を開き、新たな提案を出し、次期オリンピックの規定、内容、準備の改善について話し合います。

「国際生物学オリンピック委員会 IBO」について

このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)