ホーム > どんな問題がでる

どんな問題がでる

生物チャレンジ・国際オリンピック国内選考 過去問題

日本生物学オリンピック2022

日本生物学オリンピック2021

日本生物学オリンピック2020 代替試験

日本生物学オリンピック2019

日本生物学オリンピック2018

日本生物学オリンピック2017

日本生物学オリンピック2016

日本生物学オリンピック2015

日本生物学オリンピック2014

日本生物学オリンピック2013

日本生物学オリンピック2012

日本生物学オリンピック2011

日本生物学オリンピック「生物チャレンジ2010」

全国生物学コンテスト「生物チャレンジ2009」

全国生物学コンテスト「生物チャレンジ2008」

2007年 国際生物学オリンピック 日本国内予選(2007、インド大会 IBO 2008 への代表選抜も兼ねた)

2006年 国際生物学オリンピック 日本国内予選(2006、カナダ大会 IBO 2007 への代表選抜も兼ねた)

2005年 国際生物学オリンピック 日本国内予選(2005、アルゼンチン大会 IBO 2006 への代表選抜も兼ねた) 

2004年 国際生物学オリンピック 日本国内予選(2004、北京大会 IBO 2005 への代表選抜も兼ねた) 

国際生物学オリンピック 試験日程・内容

国際生物学オリンピック国際大会は 理論試験と実験試験の総合により、上位から順位を決めメダルを授与する。理論試験はおよそ100題。 理論試験:約5時間 実験試験:約5時間

IBO 過去問題

国際生物学オリンピック委員会から公表されているこれまでの国際大会での理論問題

 全てではないが実技問題が公表されていたり 理論問題の正答も添えられている。 なお 最近二年間のものはウェブページでは公表されていない。

高校生への推薦書籍

生物チャレンジ、国際生物学オリンピック 過去問題の著作権とその利用について

生物チャレンジや国際生物学オリンピック国内試験などの問題は、国際生物学オリンピック日本委員会(JBO)が著作権を保有しています。利用にあたっては、こちらのページを参照してください。

このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)