ホーム > 第33回国際生物学オリンピック(IBO2022)アルメニア大会

第33回国際生物学オリンピック(IBO2022)アルメニア大会


アルメニア大会公式ウェブページ
期間:2022年7月10日 – 18日
開催地: エレバン州立大学(アルメニア、エレバン)


IBO2022 日本代表団 アルメニアに向けて出発

2022/07/08

2022年7月8日(金)に科学技術館にて第33回国際生物学オリンピック アルメニア大会(IBO2022)日本代表団の結団式がおこなわれました。一行はその後、成田空港よりアルメニアに向け出国し、3大会ぶりとなる現地開催の国際生物学オリンピックに出場するため、アルメニア共和国の首都エレバンへと向かいました。

日本代表団

JBO引率者(50音順)

ジュリー

  • 岩間 亮(東京大学大学院 農学生命科学研究科 助教)
  • 加藤 明(東海大学 医学部 基礎医学系 准教授)
  • 笹川 昇(東海大学 工学部生命化学科 教授)
  • 鈴木 大地(筑波大学 生命環境系 生物科学専攻 助教)
  • 野口 立彦(防衛医科大学校 生物学研究室 准教授)
  • Ferjani Ali(東京学芸大学 自然科学系 生命科学分野 准教授)
  • 松田 良一(東京理科大学 理学研究科 科学教育専攻 教授)
  • 宮下 直(東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授)

第33回国際生物学オリンピック日本代表決定

2022/04/05

~ アルメニア/エレバンで開催される国際大会で、世界の仲間と生物学を深める ~

国際生物学オリンピック日本委員会(委員長:道上 達男)は、第33回国際生物学オリンピック(2022年7月10日から18日までの9日間、アルメニア/エレバンで開催されるIBO2022に派遣する日本代表4名および次点者2名を決定しました。
日本代表および次点者は、全国3,080名の受験者から三次にわたる試験を経て選ばれました。今後、大学教員や専門家も交えた国際生物学オリンピック日本委員会・プロジェクトチームによる特別教育を受け、7月の国際大会に臨みます。

第33回国際生物学オリンピック 日本代表(五十音順)

氏 名 フリガナ 在学校(所在地) 学年
井上 泰直 イノウエ ヤスナオ 東京都立小石川中等教育学校(東京都) 高2
川上 航平 カワカミ コウヘイ 久留米大学附設高等学校(福岡県) 高3
嶋田 佐津 シマダ サツ 東京都立立川高等学校(東京都) 高3
三田村 大凱 ミタムラ タイガ 灘高等学校(兵庫県) 高3

同 次点者(五十音順)

次点者2名は日本代表4名とともに代表団として同じ特別教育に参加し、日本代表に参加できない事由が発生した際には代わって国際大会の日本代表となります。

氏 名 フリガナ 在学校(所在地) 学年
髙橋 都 タカハシ ミヤコ 女子学院高等学校(東京都) 高2
本多 柊太 ホンダ シュウタ 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3

続きを読む


このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)