ホーム > カテゴリー: 日本生物学オリンピック

日本生物学オリンピック カテゴリの記事

生物学オリンピック関係 大学AO入試など

日本生物学オリンピック


生物学オリンピック、チャレンジをめざす若者たちへの励ましの言葉

日本生物学オリンピック

科学者にとって大切なこと 下村 脩(ウッズホール海洋生物学研究所)

写真:下村 脩

 これからの生命科学を切り拓いていく日本の中学・高校生のみなさんに、ノーベル賞を受賞しましたときに私の胸に去来した想いをこめてメッセージを送ります。
 私は紫外光をあてると緑色の強い蛍光を発するGreen Fluorescent Protein (GFP)をオワンクラゲから発見しました。そのために採集したクラゲは、19年間にわたり850,000個体にもおよびます。私の人生における最も強烈な光は、16歳の中校生のときに長崎に投下された原爆の閃光です。私はその光を爆心地から15kmの勤労動員先で受けました。科学の研究を始めたときからは、生物の放つ光に魅了され、ずっとこのテーマに取り組んできました。
 私がGFPを発見したときには、実用的な意義はなにもありませんでした。私はなぜクラゲが光るのか、なぜこのタンパクが蛍光をはなつのかをただただ理解しようと研究をつづけました。GFPの遺伝子を組み込むことにより、生きた生物体のなかで特定の遺伝子の発現を調べるという「実用」的な意義が見いだされ、広範な生命科学の実験に用いられるようになったのは、発見からずっと後のことです。若い人たちが研究するときに、結論が初めからおよそわかるようなテーマをえり好みしたり、「応用」という報酬がほのかに見えるテーマに傾いてしまうことがあるのを私は心配しています。
 実験では、いろいろな仮説をたてて試すこと、そして意味のあることは些細なことでも見逃さない能力が求められます。生物学オリンピックをめざす若い人たちには、自分が興味をもったテーマを、とことんつきつめてもらいたいと思います。よい研究題材の解明には、往々にして大きな困難をともないます。成功するためには、へこたれずにこの困難を突破してください。決してあきらめてはいけません。


アンテナを張る 田中 耕一 (島津製作所)

 田中耕一先生(2002年ノーベル化学賞受賞者)が登場する電子情報通信学会誌に掲載された対談(PDF形式:外部サイト)には、生物チャレンジ・オリンピックをめざす若者たちに参考になる意見が述べられています。
 その対談のなかでは、異なる分野の研究者との交流やチームワークがそれぞれの個の良さをいかすためにも重要であること、見えないものを見えるようにすることはとても面白く、失敗も発明にかえるようないろいろな視点を持つことの大切さや、いろいろな人たちに説明し伝える力をもちディスカッションすることで新しいことをおもいつくこと、若い人たちが挑戦しがいのある分からないことはたくさんあるのだといったことが述べられています。


国際生物学オリンピック日本委員会 委員長より

日本生物学オリンピック

Asashima  21世紀に入って、地球規模で見た時、地球温暖化、生物多様性の減少、COP10会議、ウイルス感染の拡大、生物資源のあり方などいろいろな問題が浮かび上がってきています。そのような中で、これからの地球をどのようにして守り、持続的に豊かに発展するのかは、次世代の若い人達の頑張りとチャレンジ精神と実行力にかかっていると思います。このような時、日本生物学オリンピックを通して、生命のもつおもしろさや不思議さに興味をもつと同時に、この生物学オリンピックに是非参加して、いろいろな経験をしてみて下さい。きっと色々と学ぶことが多く、将来の希望へとつながっていくことを確信しています。全国一斉に行われる予選を通して、本選へ、そして最終選考を経て国際オリンピックに参加できます。

  確かに、予選から最終選考までの道のりは長いけれども、それを経験した先輩達の足跡も見て下さい。大きく精神的にも知力においてもたくましくなり、世界の檜舞台で活躍しています。

 日本生物学オリンピックに是非、一人でも多くの高校生を初めとする若者がチャレンジして生物学のおもしろさを体験してください。これからの人生で良い経験をしたことを誇りに思えると思います。

 日本生物学オリンピックに関係する事柄は
  〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1科学技術館内 国際生物学オリンピック日本委員会
  電話:03-3212-8518 ファクス:03-3212-7790
  E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)
に問い合わせて下さい。お待ちしています。

       国際生物学オリンピック日本委員会 委員長   浅島 誠


日本生物学オリンピック2020

ニュース, 日本生物学オリンピック2020

日本生物学オリンピック2020の日程が下記のとおり決まりました

  • 参加申込   2020年4月1日(水)~6月1日(月)
  • 予選     2020年7月19日(日) 全国約100か所で実施
  • 本選     2020年8月20日(木)~23日(日) 広島大学で開催
  • 代表選抜試験 2021年3月20日(土・祝) 科学技術館


日本生物学オリンピック2019 本選 長崎大会 (佐世保) 受賞者一覧

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

目次

表彰

長崎県知事賞(総合成績第一位)

廣田 亮太郎(ヒロタ リョウタロウ)兵庫県立神戸高等学校3年

佐世保市長賞(総合成績第二位)

加藤 真紀(カトウ マキ) 女子学院高等学校卒

長崎県教育委員会教育長賞(総合第三位)

兵藤 歩(ヒョウドウ アユム) 神奈川県立横浜翠嵐高等学校3年

NIU学長賞(本選成績優秀者(総合成績3位までを除く))

竹下 泰浩(タケシタ ヤスヒロ) 広島大学附属高等学校2年

NIU薬学部長賞(本選成績優秀者(総合成績3位までを除く)

末松 万宙(スエマツ マヒロ) 栄光学園高等学校2年

栗林慧賞(本選成績優秀者(総合成績3位までを除く)

谷本 奈々葉(タニモト ナナハ) 岡山白陵高等学校3年

【特別賞】

佐世保市教育委員会教育長賞(中学生)

岡本 陽(オカモト ハル) 佐賀県立唐津東中学校3年
三田村 大凱(ミタムラ タイガ) 灘中学校3年
清水 力良(シミズ チカラ) 栄光学園中学校3年

実験試験 優秀解答賞

【植物学】
奥宮 壮太(オクミヤ ソウタ) 桃山学院高等学校3年
川上 瞭(カワカミ アキラ) 埼玉県立越谷北高等学校3年
瓦田 蒼良(カワラダ ソラ) 岐阜県立岐山高等学校2年
清水 力良(シミズ チカラ) 栄光学園中学校3年
【情報学】
竹下 泰浩(タケシタ ヤスヒロ) 広島大学附属高等学校2年
尾崎 大翔(オザキ タイショウ) 灘高等学校2年
【動物学】
川上 純怜(カワカミ スミレ) 福島県立福島高等学校卒

金賞(10名)(50音順)

氏名 都道府県 学校名 学年
伊藤 想也 イトウ ソウヤ 福岡県 久留米大学附設高等学校 高等学校3年生
尾崎 大翔 オザキ タイショウ 兵庫県 灘高等学校 高等学校2年生
加藤 真紀 カトウ マキ 東京都 女子学院高等学校 既卒
栗本 明則 クリモト アキノリ 東京都 芝高等学校 既卒
末松 万宙 スエマツ マヒロ 神奈川県 栄光学園高等学校 高等学校2年生
道正 咲子 ドウショウ サキコ 神奈川県 フェリス女学院高等学校 高等学校3年生
兵藤 歩 ヒョウドウ アユム 神奈川県 神奈川県立横浜翠嵐高等学校 高等学校3年生
廣田 亮太郎 ヒロタ リョウタロウ 兵庫県 兵庫県立神戸高等学校 高等学校3年生
村井 皓太郎 ムライ コウタロウ 東京都 筑波大学附属駒場高等学校 高等学校1年生
山田 彩斗 ヤマダ アヤト 東京都 東京都立小石川中等教育学校 中等教育学校5年生

銀賞(10名)(50音順)

氏名 都道府県 学校名 学年
石田 早侑梨 イシダ サユリ 滋賀県 滋賀県立膳所高等学校 高等学校3年生
出水 小春 イズミ コハル 大阪府 四天王寺高等学校 高等学校3年生
井田 菜々香 イダ ナナカ 栃木県 栃木県立宇都宮女子高等学校 高等学校3年生
岡本 陽 オカモト ハル 佐賀県 佐賀県立唐津東中学校 中学校3年生
北 勇進 キタ ユウシン 大阪府 桃山学院高等学校 高等学校3年生
小林 智 コバヤシ サトシ 大阪府 大阪府立天王寺高等学校 高等学校3年生
谷本 奈々葉 タニモト ナナハ 岡山県 岡山白陵高等学校 高等学校3年生
戸髙 海 トダカ ウミ 宮崎県 宮崎県立宮崎西高等学校 高等学校3年生
古舘 勇人 フルタチ ハヤト 愛知県 海陽中等教育学校 中等教育学校5年生
村田 一朗 ムラタ イチロウ 愛知県 愛知県立時習館高等学校 高等学校3年生

銅賞(20名)(50音順)

氏名 都道府県 学校名 学年
市村 智明 イチムラ チアキ 山梨県 山梨県立甲府南高等学校 既卒
生形 綾音 ウブカタ アヤネ 京都府 京都府立洛北高等学校 高等学校3年生
遠藤 早緒里 エンドウ サオリ 東京都 東京都立南多摩中等教育学校 中等教育学校6年生
金久 礼武 カネヒサ レン 高知県 高知学芸高等学校 高等学校2年生
川上 瞭 カワカミ アキラ 埼玉県 埼玉県立越谷北高等学校 高等学校3年生
川上 純怜 カワカミ スミレ 福島県 福島県立福島高等学校 既卒
川本 青汰 カワモト セイタ 京都府 京都府立洛北高等学校 高等学校2年生
古賀 大翔 コガ ヒロト 宮崎県 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校 高等学校3年生
後藤 優奈 ゴトウ ユウナ 兵庫県 白陵高等学校 高等学校2年生
坂野 慧悟 サカノ ケイゴ 大阪府 大阪星光学院高等学校 高等学校3年生
坂本 堅藏 サカモト ケンゾウ 和歌山県 智辯学園和歌山高等学校 高等学校3年生
鈴木 響 スズキ キョウ 東京都 武蔵高等学校 高等学校2年生
髙畑 和万 タカハタ カズマ 東京都 筑波大学附属駒場高等学校 高等学校2年生
竹下 泰浩 タケシタ ヤスヒロ 広島県 広島大学附属高等学校 高等学校2年生
八田 琴海 ハッタ コトミ 東京都 桜蔭高等学校 高等学校2年生
松田 侑大 マツダ ユキヒロ 茨城県 茨城県立並木中等教育学校 中等教育学校6年生
松房 愛実 マツフサ マナミ 東京都 桜蔭高等学校 高等学校2年生
三田村 大凱 ミタムラ タイガ 兵庫県 灘中学校 中学校3年生
宮本 泰我 ミヤモト タイガ 兵庫県 灘高等学校 高等学校2年生
本屋敷 健太 モトヤシキ ケンタ 広島県 修道高等学校 高等学校3年生

金賞、銀賞、銅賞の授賞者以外の本選参加者には敢闘賞が贈られました。

日本代表候補者(16名)(50音順)

氏名 都道府県 学校名 学年
岡本 陽 オカモト ハル 佐賀県 佐賀県立唐津東中学校 中学校3年生
尾崎 大翔 オザキ タイショウ 兵庫県 灘高等学校 高等学校2年生
金久 礼武 カネヒサ レン 高知県 高知学芸高等学校 高等学校2年生
川本 青汰 カワモト セイタ 京都府 京都府立洛北高等学校 高等学校2年生
後藤 優奈 ゴトウ ユウナ 兵庫県 白陵高等学校 高等学校2年生
末松 万宙 スエマツ マヒロ 神奈川県 栄光学園高等学校 高等学校2年生
鈴木 響 スズキ キョウ 東京都 武蔵高等学校 高等学校2年生
髙畑 和万 タカハタ カズマ 東京都 筑波大学附属駒場高等学校 高等学校2年生
竹下 泰浩 タケシタ ヤスヒロ 広島県 広島大学附属高等学校 高等学校2年生
八田 琴海 ハッタ コトミ 東京都 桜蔭高等学校 高等学校2年生
古舘 勇人 フルタチ ハヤト 愛知県 海陽中等教育学校 中等教育学校5年生
松房 愛実 マツフサ マナミ 東京都 桜蔭高等学校 高等学校2年生
三田村 大凱 ミタムラ タイガ 兵庫県 灘中学校 中学校3年生
宮本 泰我 ミヤモト タイガ 兵庫県 灘高等学校 高等学校2年生
村井 皓太郎 ムライ コウタロウ 東京都 筑波大学附属駒場高等学校 高等学校1年生
山田 彩斗 ヤマダ アヤト 東京都 東京都立小石川中等教育学校 中等教育学校5年生

 

成績の評価の方法について

総合成績を出すにあたり、予選の得点について本選参加者を母集団とした時のT-Score(予選参加者全員の成績をもとにしたT-Scoreとは異なる)を再算出し、それと本選成績のT-Scoreとの和を総合得点として評価しました。その際、予選と本選で得点分布の偏りが生じないよう、両者の標準偏差を揃えてから合算しました。


4日目 いよいよ閉会式

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

2019/8/18(土) 10:00〜12:00


4日目 閉会式へ

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

2019/8/18(土) 7:00〜10:00


3日目 交流会

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

2019/8/17(土) 21:00〜23:00


3日目 試験終了!

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

2019/8/17(土) 19:00〜20:00


3日目 番外編〜佐世保の生物たち

日本生物学オリンピック, 日本生物学オリンピック2019

2019/8/17(土) 13:00〜15:00


新しい投稿ページへ古い投稿ページへ

このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)