ホーム > カテゴリー: 国際生物学オリンピック

国際生物学オリンピック カテゴリの記事

IBO2020リモート大会(IBO Challenge 2020)

国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2020



国際生物学オリンピック2020リモート大会 日本チーム全員 メダル獲得

日本チーム4名は全員メダルを獲得しました。文部科学省からの発表文はこちらです。

氏 名 フリガナ 在籍校(所在地) 学年 成 績
末松 万宙 スエマツ マヒロ 栄光学園高等学校(神奈川県) 3年 金メダル
金久 礼武 カネヒサ レン 高知学芸高等学校(高知県) 3年 銀メダル
川本 青汰 カワモト セイタ 京都府立洛北高等学校(京都府) 3年 銀メダル
松房 愛実 マツフサ マナミ 桜蔭高等学校(東京都) 3年 銀メダル

JBO引率者(50音順)

  • 岩間 亮(東京大学農学生命科学研究科 助教)
  • 齋藤 淳一(東京学芸大学附属国際中等教育学校 教諭)
  • 高橋 大輔(埼玉大学理工学研究科 助教)
  • 瀧本 岳(東京大学農学生命科学研究科 准教授)
  • 服田 昌之(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科 教授)

概要

  • 開催期間:2020年8月7日-10月31日
  • 参加国数:53ヶ国(全日程参加:47ヶ国、交流会のみ参加:5ヶ国、オブザーバー:1ヶ国)
  • 形式:オンライン
  • 公式サイト:IBO Challenge 2020 公式ウェブページ

スケジュール

オンラインJury会議 (2020年8月7日-10日)

試験環境の動作確認および問題の承認、ならびに試験問題の各国語への翻訳を実施

試験 2020年8月11日(実験試験) – 12日(理論試験)

各国の事情に合わせて試験環境を選択(オンサイトおよびオフサイト)。現地時間の8月11日、12日に合わせて各国語に翻訳された問題用紙を用いてマークシート形式の試験を実施。結果は8月24日に発表

IBO Challenge 2020 結団式での日本代表選手の様子

IBO Challenge 2020 結団式での日本代表選手の様子


IBO Challenge 2020試験の様子

IBO Challenge 2020試験の様子

国際グループプロジェクト (2020年8月13日–10月31日)

異なる国の代表選手4名でグループに分かれ、事前に選択したテーマについて約2ヶ月間をかけて議論し、共同で成果物を作成。

国際グループプロジェクトについて

プロジェクトの目的

21世紀に生きる人類は、史上稀に見る多くの国際的・学祭的な課題に直面しています。「生物学」という学術領域は、私たち自身、そして私たちを取り巻く環境を深く理解しようとする学問で、こうした非常に難しい課題解決に向けて重要な役割を担い、人類社会の持続可能な発展へと大いに貢献するものと考えています。

この国際グループプロジェクトは、世界中の若き生物学者を志す仲間が一緒になって生物学の未来を想像、議論し、成果物にまとめあげる機会の提供を目的としています。この貴重な経験、そして成果物に対する様々なフィードバックを通じて、選手たちはIBOの参加者たちと生涯続くかけがえのない関係を築くこととなるでしょう。

内容

事前に選んだタスク・トピックに応じたグループごとに議論を行い、約2ヶ月間をかけて共同で成果物をまとめあげます。
各グループには、過去のIBO参加経験者であるファシリテーター(22ヶ国37名)が1名付き、選手同士の議論をサポートします。

タスク (1つ選択)

  • 生物学の独創的な実験を計画しよう
  • 現状の問題に生物学がどう貢献できるか考えよう

トピック (1つ選択)

  • 感染症
  • 生物多様性と海洋
  • ゲノム編集
  • 進化

成果物

  • PowerPoint プレゼンテーション(最大4ページ)、PDF ポスター1枚 のいずれか ※動画不可

進行上のルール

自由な発想を妨げないため、国際グループプロジェクト担当委員(教員)は、選手との連絡はファシリテーターを介することとする。問題発生時は別途対応。
期間中は、最低2週間に一度はZoom等を用いてオンラインで議論を行う。/p>

顕彰

参加作品は全てをWebサイトに掲載のうえ、テーマごとに優秀賞を、参加者全員に参加賞を進呈する。


国際生物学オリンピック2020リモート大会 日本チーム全員 メダル獲得

ニュース, 国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2020

日本チーム4名は全員メダルを獲得しました。文部科学省からの発表文はこちらです。

氏 名 フリガナ 在籍校(所在地) 学年 成 績
末松 万宙 スエマツ マヒロ 栄光学園高等学校(神奈川県) 3年 金メダル
金久 礼武 カネヒサ レン 高知学芸高等学校(高知県) 3年 銀メダル
川本 青汰 カワモト セイタ 京都府立洛北高等学校(京都府) 3年 銀メダル
松房 愛実 マツフサ マナミ 桜蔭高等学校(東京都) 3年 銀メダル

JBO引率者(50音順)

  • 岩間 亮(東京大学農学生命科学研究科 助教)
  • 齋藤 淳一(東京学芸大学附属国際中等教育学校 教諭)
  • 高橋 大輔(埼玉大学理工学研究科 助教)
  • 瀧本 岳(東京大学農学生命科学研究科 准教授)
  • 服田 昌之(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科 教授)


第31回国際生物学オリンピック日本代表決定

ニュース, 国際生物学オリンピック2020, 日本生物学オリンピック2019

~ 長崎県佐世保市で開催される国際大会で、世界の仲間と生物学を深める ~

国際生物学オリンピック日本委員会(委員長:浅島 誠)は、第31回国際生物学オリンピック(2020年7月3日から11日までの9日間、長崎県佐世保市で開催)に派遣する日本代表4名および次点者2名を決定しました。

日本代表および次点者は、全国 4,340 名の受験者から三次にわたる試験を経て選ばれました。今後、大学教員や専門家も交えた国際生物学オリンピック日本委員会・プロジェクトチームによる、数回の合宿を含む特別教育を受け、7月の国際大会に臨みます。国際大会においては、世界の各国・地域から参加する代表たちと生物学を競い、そして生物学好き同士の友情をはぐくみます。

第31回国際生物学オリンピック 日本代表(五十音順)

氏 名

フリガナ

性別

在学校(所在地)

学年

金久 礼武

カネヒサ レン

高知学芸高等学校(高知県)

高3

川本 青汰

カワモト セイタ

京都府立洛北高等学校(京都府)

高3

末松 万宙

スエマツ マヒロ

栄光学園高等学校(神奈川県)

高3

松房 愛実

マツフサ マナミ

桜蔭高等学校(東京都)

高3

同 次点者(五十音順)

次点者2名は日本代表4名とともに代表団として同じ特別教育に参加し、日本代表に参加できない事由が発生した際には代わって国際大会の日本代表となります。

氏 名

フリガナ

性別

在学校(所在地)      

学年

尾崎 大翔

オザキ タイショウ

灘高等学校(兵庫県)

高3

八田 琴海

ハッタ コトミ

桜蔭高等学校(東京都)

高3

続きを読む


第31回国際生物学オリンピック2020長崎大会

ニュース, 国際生物学オリンピック2020

第31回国際生物学オリンピック2020長崎大会は下記のとおり開催されます
 大会略称:IBO2020長崎
 開催期間:2020年7月3日(金)~7月11日(土)
 開催場所:長崎国際大学(試験会場)・アルカスSASEBO(JURY会議場)

第31回国際生物学オリンピック2020長崎大会


IBO2019ハンガリー大会 日本チーム全員メダル獲得

国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2019

日本チーム4名全員、メダルを獲得しました。文部科学省からの発表文はこちらです。

氏 名

フリガナ

在学校(所在地)

学年

結果

小野 俊祐

オノ シュンスケ

鳥取県立鳥取西高等学校(鳥取県)

高3

長谷川 修造

ハセガワ シュウゾウ

灘高等学校(兵庫県)

高2

星野 敬太

ホシノ ケイタ

栄光学園高等学校(神奈川県)

高2

椋木 優斗

ムクノキ ユウト

灘高等学校(兵庫県)

高3

JBO引率者

  • 松田 良一 東京理科大学
  • 齋藤 淳一 東京学芸大学附属国際中等教育学校
  • 和田 洋 筑波大学生命環境系生物科学専攻
  • 加藤 明 東海大学医学部基礎医学系生体構造機能学
  • 澤 進一郎 熊本大学大学院自然科学研究科
  • 小竹 敬久 埼玉大学大学院理工学研究科
  • 中島 春紫 明治大学農学部農芸化学科
  • 笹川 昇 東海大学工学部生命化学科
  • 富川 光 広島大学大学院教育学研究科
  • 本多 健太郎 富士通株式会社
  • 工藤 光子 国際生物学オリンピック2020 長崎大会事務局長
  • 太田 一寿 長崎国際大学薬学部薬学科


IBO2019 ハンガリー大会 開催

国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2019

セレモニー会場にて

続きを読む


IBO2019日本チーム ハンガリーに向けて出発

国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2019

2019年7月12日(金)に科学技術館にて第30回国際生物学オリンピック(IBO2019ハンガリー)日本代表団 結団式がおこなわれ、その後代表団はハンガリーに向けて出発しました。

JBO浅島委員長と代表生徒たち

ハンガリーでも頑張ります!

続きを読む


第30回国際生物学オリンピック日本代表決定

ニュース, 国際生物学オリンピック, 国際生物学オリンピック2019

~ ハンガリー/セゲドで開催される国際大会で、世界の仲間と生物学を深める ~

 国際生物学オリンピック日本委員会(委員長:浅島 誠)は、第30回国際生物学オリンピック(2019年7月14日から21日までの8日間、ハンガリー/セゲドで開催)に派遣する日本代表4名および次点者2名を決定しました。

 日本代表および次点者は、全国4,189名の受験者から三次にわたる試験を経て選ばれました。今後、大学教員や専門家も交えた国際生物学オリンピック日本委員会・プロジェクトチームによる、数回の合宿を含む特別教育を受け、7月の国際大会に臨みます。国際大会においては、世界の各国・地域から参加する代表たちと生物学を競い、そして生物学好き同士の友情をはぐくみます。

第30回国際生物学オリンピック 日本代表(五十音順)

氏 名

フリガナ

性別

在学校(所在地)

学年

小野 俊祐

オノ シュンスケ

鳥取県立鳥取西高等学校(鳥取県)

高3

長谷川 修造

ハセガワ シュウゾウ

灘高等学校(兵庫県)

高2

星野 敬太

ホシノ ケイタ

栄光学園高等学校(神奈川県)

高2

椋木 優斗

ムクノキ ユウト

灘高等学校(兵庫県)

高3

同 次点者(五十音順)

日本代表に参加できない事由が発生した際、かわって国際大会の日本代表となります。なお、次点者も日本代表と同じ特別教育などに参加します。

氏 名

フリガナ

性別

在学校(所在地)      

学年

伊藤 想也

イトウ ソウヤ

久留米大学附設高等学校(福岡県)

高3

松房 愛実

マツフサ マナミ

桜蔭高等学校(東京都)

高2

続きを読む


過去の国際生物学オリンピックの記録

国際生物学オリンピック

IBO2020リモート大会(IBO Challenge 2020)

末松 万宙 栄光学園高等学校(神奈川県) 高3 金メダル
金久 礼武 高知学芸高等学校(高知県) 高3 銀メダル
川本 青汰 京都府立洛北高等学校(京都府) 高3 銀メダル
松房 愛実 桜蔭高等学校(東京都) 高3 銀メダル

続きを読む

第30回 国際生物学オリンピック2019 ハンガリー

小野 俊祐 鳥取県立鳥取西高等学校(鳥取県)高3 銀メダル
長谷川 修造 灘高等学校(兵庫県) 高2 銅メダル
星野 敬太 栄光学園高等学校(神奈川県) 高2 銅メダル
椋木 優斗 灘高等学校(兵庫県) 高3 銀メダル

続きを読む

第29回 国際生物学オリンピック2018 イラン

石田 廉 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高2(16 歳) 銀メダル
鳥羽重孝 灘高等学校(兵庫県) 高2(17歳) 銀メダル
鈴木万純 東京都立西高等学校(東京都) 高3(17 歳) 銅メダル
濵 笙子 桜蔭高等学校(東京都) 高1(15 歳) 銅メダル

続きを読む

第28回 国際生物学オリンピック2017 英国

池田 亘孝 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(18 歳) 銀メダル
江口 彩花 桜蔭高等学校(東京都) 高2(17 歳) 銀メダル
佐藤 源気 滋賀県立膳所高等学校(滋賀県) 高3(17 歳) 銀メダル
津島 彰悟 武蔵高等学校(東京都) 高2(16 歳) 銀メダル

続きを読む

第27回 国際生物学オリンピック2016 ベトナム

外山 太郎 宮崎県立宮崎西高等学校(宮崎県) 高2(16歳) 金メダル
中桐 悠一郎 立命館慶祥高等学校(北海道) 高2(16歳) 銀メダル
保呂 有珠暉 灘高等学校(兵庫県)  高1(15歳) 銀メダル
村上 侑里夏 桜蔭高等学校(東京都)  高3(18歳) 銀メダル

続きを読む

第26回 国際生物学オリンピック2015 デンマーク

末岡 陽太朗 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(17歳) 金メダル
石田 晴輝 灘高等学校(兵庫県) 高3(17歳) 銀メダル
宮田 一輝 愛知県立岡崎高等学校(愛知県) 高2(17歳) 銀メダル
竹本 亮太 広島学院高等学校(広島県) 高3(18歳) 銅メダル

続きを読む

第25回 国際生物学オリンピック2014 インドネシア

石田 秀 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(17歳) 銀メダル
藏田 展洋 広島学院高等学校(広島県) 高3(18歳) 銀メダル
今野 直輝 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高2(16歳) 銀メダル
那須田 桂 静岡県立浜松北高等学校(静岡県) 高3(17歳) 金メダル

続きを読む

第24回 国際生物学オリンピック2013 スイス

真田 兼行 灘高等学校(兵庫県) 高2(16歳) 銀メダル
新宅 和憲 広島学院高等学校(広島県) 高3(17歳) 金メダル
中村 絢斗 埼玉県立大宮高等学校(埼玉県) 高3(17歳) 銀メダル
横山 純士 東京都立西高等学校(東京都) 高2(16歳) 銀メダル

続きを読む

第23回 国際生物学オリンピック2012 シンガポール

荒木 大河 宮崎県立宮崎西高等学校(宮崎県) 高3(17歳) 銀メダル
野田 夏実 桜蔭高等学校(東京都) 高3(17歳) 銀メダル
前田 智大 灘高等学校(兵庫県) 高2(16歳) 銀メダル
依田 和樹 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(17歳) 銀メダル

続きを読む

第22回 国際生物学オリンピック2011 台湾

大塚 祐太 千葉県立船橋高等学校(千葉県) 高3(18歳) 金メダル
久米 秀明 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(18歳) 金メダル
松田 洋樹 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3(18歳) 金メダル
三上 智之 ラ・サール高等学校(鹿児島県) 高3(18歳) 銀メダル

続きを読む

第21回 国際生物学オリンピック2010 韓国

栗原 沙織 北海道札幌西高等学校(北海道) 高2 金メダル
坂本 莉沙 渋谷教育学園渋谷高等学校(東京都) 高3  銀メダル
三上 智之 ラ・サール高等学校(鹿児島県) 高2  銀メダル
水口 智仁 開成高等学校(東京都) 高3  銀メダル

続きを読む

第20回 国際生物学オリンピック2009 筑波

大月 亮太 千葉県立船橋高等学校 (千葉県)  高3 金メダル 
中山 敦仁 灘高等学校 (兵庫県)  高2 銀メダル 
谷中 綾子 桜蔭高等学校 (東京都)  高2 銀メダル 
山川 眞以 桜蔭高等学校 (東京都)  高3 銀メダル 

続きを読む

第19回 国際生物学オリンピック2008 インド

内海 邑  千葉県立東葛飾高等学校(千葉県) 高3 銀メダル
海老沼 五百理 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3 銀メダル
大河原 健太郎 麻布高等学校(東京都) 高2 銀メダル
水野 俊一郎 福井県立藤島高等学校(福井県) 高3 銅メダル

続きを読む

第18回 国際生物学オリンピック2007 カナダ

濱崎 真夏 フェリス女学院高等学校(神奈川県) 高2 銀メダル
仮屋園 遼 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高3 銅メダル
竹内 準二 奈良工業高等専門学校(奈良県) 高3 銅メダル
本多 健太郎 愛知県立岡崎高等学校(愛知県) 高3 銅メダル

続きを読む

第17回 国際生物学オリンピック2006 アルゼンチン

佐藤 博文 筑波大学附属駒場高等学校(東京都)高3 銅メダル 
仮屋園 遼 筑波大学附属駒場高等学校(東京都)高2 銅メダル 
濱崎 真夏 フェリス女学院高等学校(神奈川県)高1 銅メダル 
高橋 勝平 岩手県立黒沢尻北高等学校(岩手県)高3

続きを読む

第16回 国際生物学オリンピック2005 中国

岩間 亮  愛知県立岡崎高等学校(愛知県) 高3 銅メダル
久保田 唯史 静岡県立清水東高等学校(静岡県) 高3
坂本 貴浩 愛媛県立松山南高等学校(愛媛県) 高3
佐藤 博文 筑波大学附属駒場高等学校(東京都) 高2 銅メダル

続きを読む

記念Tシャツ

2018 イラン大会

2017 イギリス大会

2016 ベトナム大会

2015 デンマーク大会

2014 インドネシア大会

2013 スイス大会

2012 シンガポール大会

2011 台湾大会


国際生物学オリンピックについて

国際生物学オリンピック

IBOバナー画像

 国際生物学オリンピック(International Biology Olympiad: IBOと略す)は、高校生を対象としています。生物学の理論問題および実験問題への取り組みをテストします。生物学への興味、発明の才能、創造性、忍耐力が必要とされます。
 各加盟国は、国内コンテストで受賞した4人の学生と2人のチームリーダーを国の代表として参加させる事が出来ます。

目的

 IBOに生物学的才能のある学生を集め、彼らの才能を伸ばし、将来の科学者を育て、生物の才能の損失を防ぐことを目的としています。素晴らしい、重要な学問として、生物学に焦点を当てています。行動生物学、生態学など多くの生物学的トピックは、生物学の重要性を強調しています。特に自然保護または環境保全は、重要な課題です。
IBOは、様々な国における生物の授業、教育傾向を比較する機会を提供しています。
生物学教育を国家レベルで改善するうえで、有益な情報となります。多くの機関が、IBOに参加しています。文部省、企業、教師協会、大学、学校などです。機関間で連絡を取り合うことにより、生物分野での各組織の活動についての理解が深まります。

歴史

 1985年から1989年、チェコスロバキアとポーランド間で現在のIBOの基礎となる最初の国際生物コンテストが開催されました。
 自然科学および数学の国際オリンピックを実際に経験し、国際生物オリンピックの開催を決定しました。その結果、UNESCOが旧チェコスロバキアに初回の開催を要請しました。賛同した6カ国(ベルギー、ブルガリア、チェコスロバキア、旧ドイツ民主共和国、ポーランドおよび旧ソビエト連邦)が1989年(プラハとブルノ)にIBOを創設し、1990年7月にオロモウツで第一回IBAが開催され、問題もありましたが、大成功でした。IBOの継続が決定され、その後、参加国が急増しました(過去の開催国参照)。オリンピック初回開催後、プラハにコーディネートセンターが設立されました。毎年冬に、本センターで指名されたコーディネーターが会議を開き、新たな提案を出し、次期オリンピックの規定、内容、準備の改善について話し合います。

「国際生物学オリンピック委員会 IBO」について


古い投稿ページへ

このページの上に戻る

JBOロゴマーク

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1 科学技術館内
国際生物学オリンピック日本委員会

  • 電話:03-3212-8518
  • ファクス:03-3212-7790
  • E-mail:jbo -(at)- jsf.or.jp ( -(at)- を@に変えて送信してください)